• ホーム
  • クラビットが効く、クラミジアの症状とは

クラビットが効く、クラミジアの症状とは

クラミジアはいわゆる性感染症のひとつであり、その感染力の強さから保健所などでも検査や予防を推奨している要注意で身近な病気です。
クラミジアの症状は自覚しにくいものが多く、そのため感染に気付かないまま性交渉を行ってさらに感染させてしまうという特徴があるため身体の状態に気を配ることが重要になります。
性別ごとに症状は異なり、男性の場合は軽い尿道炎がその初期の段階では現れ、亀頭の先端の赤みやかゆみ、排尿時の痛みなどが代表的です。
もう少し進行すると尿道から膿が出てきますが、これも初期の頃は色が薄く尿との区別が困難なためなかなか自覚しづらく治療の開始が遅くなる傾向にあります。

症状が放っておいておさまることもありますが、治癒したわけではなく潜伏しているだけです。
進行してしまうと慢性前立腺炎など男性不妊につながる病気になるため、早めの治療を心がけましょう。
いっぽう、女性のほうもおりものが増えたり少し水っぽくなる、出血が混じるなど微妙な変化であらわれるためこちらも気が付きにくい症状となっています。
とくに女性はオーラルセックスによる咽頭感染のケースも多く、潜伏期間も長いため複数の相手と性交している場合感染源が特定しづらいこともあり重篤化しやすいのが特徴です。

治療せずにそのままでいると、炎症が体内に広がって腹痛や発熱などが起きてきます。
また卵管に炎症が進行すると卵管炎を引き起こし、これが卵管閉塞や将来の卵管性不妊などにつながるおそれもあるため無視できない感染症です。
大変に感染力が強く、片方だけが治ってもまた感染してしまうので可能な限りパートナーと一緒に治療を受け、相互にきっちりと治しておくことが大切になります。

治療に当たってはクラビットなどの薬を用いて服薬をし、一週間ほど継続するのが通常です。
心理的な気恥ずかしさで病院に行けない場合は匿名での検査も通販など用いて可能ですので検討しましょう。
できるだけ早期の受診が完治につながります。

匿名で行いたいクラミジアの検査

病院で検査するとなると気恥ずかしく行けないという方向けに、クラミジアの検査は通販でキットを購入し行うことができますが、匿名で行える販売会社とそうではない会社もあるため、よく確認してから購入しましょう。
通販を利用して検査する場合の流れは購入した検査キットが手元に届いたら説明に従い検体を採取します。
その後、採取した検体を郵送して検査結果を待ちます。
多くの販売会社で検査結果の確認をWebやメールでできるようになっていて、この場合は匿名での結果通知も可能です。
郵送による結果通知を希望する場合、匿名はできないということもあるため注意しなければなりません。

また、通販でキットを購入する以外に匿名で受けられるのは保健所です。
匿名で受けられるメリット以外にも、多くの自治体で無料で受けられるというメリットもあります。
ですが、保健所の場合は他の性感染症の検査と一緒に受けることが前提でクラミジアの検査を行い、クラミジアのみでは行っていない場合もあります。
また、月2回など日時が指定されていたり、20歳未満が対象など年齢制限をしていることもあり制限が多いです。
クラミジアの検査自体行っていない自治体もあるため事前の確認が必要です。

クラミジアは日本だけでなく世界でも最も感染者数が多いのにもかかわらず、自覚症状がほとんどないので、感染や発病に気が付かないまま他の病気まで引き起こしてしまう可能性があります。
パートナーとの相互感染や不妊症、母子感染などリスクの高いため早期発見しクラビットなどの薬を処方してもらい早期治療を行うことが必要です。
気恥ずかしさもあると思いますが、これらのリスクのことを考え通販や保健所も活用しながら早期発見、早期治療を心がけましょう。

関連記事