• ホーム
  • おりものを見ればトリコモナスか分かる!

おりものを見ればトリコモナスか分かる!

性病には様々な種類があり、自覚症状が現れなかったりして放置してしまう事が多いです。
放置する事で症状が悪化していくだけでなく、感染者を増やしてしまう事にも繋がります。
知識を持って不快や痛みは見過ごさずにする事が自分にもパートナーの為にも大切です。
性感染症の1つであるトリコモナスは、男女それぞれに症状は違います。

男性の場合は尿道のかゆみや排尿時に痛みを感じる事が多いです。
特に尿道炎が現れる事が多く、トリコモナス原虫が尿道に寄生する事で炎症を引き起こします。
放置していると原虫は奥へ進行していき前立腺炎などを引き起こします。
進行を阻止するには早めに病院へ受診する事で検査を受け、抗生物質を服用する事で完治します。
サインとしては尿道炎ではかゆみや膿が出る特徴があります。
前立腺炎では排尿時に痛みがあったり、残尿感も感じる様になります。
これらを見落とさない様にし、気になる場合は通院する事が大切です。

女性では膣や尿道にトリコモナス原虫が寄生すると炎症し、強いかゆみがでる特徴があります。
おりものも出るのですが、このおりものでトリコモナスかどうかを見分ける事が可能です。
見分け方としては普段のおりものとの違いを確認します。
通常ではサラサラした無臭か酸っぱい物に対し、トリコモナスでは魚が腐ったような生臭い臭いを放ちます。
状態もサラサラではなく泡状に変化しています。
この特徴を知っておく事で見分ける事が可能です。

また似たような症状が出る性感染症もありますが、その場合はかゆみにも着目します。
トリコモナスは性器周辺ではなく尿道にかゆみがでる特徴がありますので、その違いにより見分ける事もできます。
女性の場合も処方される薬は抗生物質であり、服用を継続する事で完治します。
服用する際は医者の指示に従う事が基本です。
性病は恥ずかしさもあり、1度処方薬をもらい症状が緩和すると、経過を検査してもらいに再び通院する事が億劫になりがちです。
しかし再発する可能性もある為、必ず医者の判断を聞く事が重要となります。

トリコモナスはどの段階で完治と判断できる?

トリコモナスはトリコモナス原虫に感染することで感染する性感染症です。
適切な薬を服用する・あるいは膣内に入れるしか完治させる方法はないのです。
基本的には有効成分メトロニダゾールの抗菌薬・フラジールが処方されるはずです。
こちらは10日分処方されるでしょうから、たとえ症状が消えてもとにかく薬がなくなるまでは服用を続けましょう。
その後、もう一度病院に行き、医者に検査してもらってトリコモナス原虫が完全にいなくなっていることが分かった時点でようやく完治したと判断できます。

もともとおりものの増加・性器の違和感など初期症状が少なかったり症状自体が起こらない方もいるため、完治したかどうかの見分け方は素人では分かりにくいのです。
たとえ薬を使っても、中には薬に対して耐性を持っている個体もいるため10日間では殺菌しきれない場合もあります。
女性に多い病気とはいえ男性が感染している場合もあり菌が尿道に入り込んでいることもあります。
必ずパートナーと一緒に検査・治療を受けるようにしましょう。

性器にいるトリコモナス原虫は薬で消滅させることができたとしても、すでに子宮や卵管など周りにある臓器まで侵入している場合には膣錠では局所的な効果しかないため薬の効果が切れた後に性器に戻ってきて活発化することもあります。
再発を起こしていても、症状が軽ければ気が付かないままに、また違った相手に感染させてしまわないとも限りません。
そうならないためにも、処方された薬は正しい用法容量で最後まで使い切るようにしましょう。
専門医の元で完治を判断してもらうまではまだ感染者なのだということを自覚しておきましょう。
たとえ特に目立った症状がなくとも性行為を通じて感染している可能性は高いです。

関連記事